忍者ブログ
星を掴めるのか推察中の田舎者の記。 通りすがりの拍手の方、どうもありがとう ございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スカパさんの時代劇専門チャンネルで、
昨日から『さむらい探偵事件簿』の放送が始まりました。
主演は高橋英樹さんです。

これ、昔小学生くらいの時に見てた気がしてて、
タイトルが「貧乏さむらい」だったのか「さむらい同心」だったのか、
「さむらい探偵」だったのか、といろいろ思ってたんですが、
…探偵でしたねえ。
つかさむらいと同心て同義とは言わずとも類似語だろうよ自分。
で、小学生が見てた、ってことは、
何かしらコメディ的な要素があったんだろうなー、と、
昨日の放送を見ていたら、
のっけからわっかいお嬢さんが「バイバーイ♪」て言ってました。
時代劇でバイバイて!良いの!?
と思いつつもコメディ路線であることがはっきりしたので、
そのまま見ました。

高橋さん演じるところの本間五月は、
上役と揉めて同心をやめて今は探偵をやっている、という人で、
何かいい加減つーか破天荒つーかお金と女に弱いっつーか、
そういう人なんですが、
キメる時はキメる、ちゅータイプです。
んである日件のバイバイつってたお嬢さんを駆け落ちさせたら、
お嬢さんのお宅の若い衆に追いかけられて、
その途中萬田久子さん演じる謎の女性に仕事を持ちかけられます。
そっから話がコロコロ転がっていきます。
でも前半はとかく緩い。
そりゃあ小学生でも見れるわ、ちゅー感じです。
若干お色気多めな気もしますけど。

しかし萬田さん!ステキ!
浮世絵師なんですが気が強くてきりっとしてて、
そんで五月ちゃん(作中でたまにこう呼ばれてたんですけど)を、
既に手玉に取ってる感がかっこ良いのです。
そんで同心をやってる石橋蓮司さんが、
雲霧の時はすごい忠義に厚い小頭を演じてたのに、
いきなり恋に破れたそのすぐ後にまた恋をするような感じの人なのに、
これまたキメる時はキメるお茶目な同心を演じてらして、
みょー!とかテレビの前でときめいてました。
いやあ、皆良いキャラだわー。
今日は仕事で見られんかったですが、
明日は見れそうなので今から楽しみです。

ちなみに話の筋はちっとも記憶に無かったのです、よ。だから新鮮。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
シリュウ シノブ
性別:
非公開
職業:
足軽(にわか)。
趣味:
読書。音楽(聴くのみ)。等々。
自己紹介:
プロフィール画像は、
かつてのブログペットのけーわくさん。
記念にとっといた回。
しかし台詞はなんじゃこりゃー

どっかにハマるとしばらくそればかり、
ただし若干年相応ではない。
が、本人至って気にせず,
欣ちゃん言うところの
「はじめて聴いた時が新曲!」理論で
マイペースにやっております。
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]