忍者ブログ
星を掴めるのか推察中の田舎者の記。 通りすがりの拍手の方、どうもありがとう ございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

相変らず映画用カテゴリがないので、
出かけたカテゴリに置いておきます。

先週『舟を編む』を見てきました!
うちの地区にはようやく先週になってやってきたですよ…
でも無事こちらでも見ることができて良かったー。

したためたお手紙などの笑えるシーンもありつつ、
馬締さんの辞書つくりへの情熱や、
その情熱が周りの人たちにどんどん伝播していくところなど、
見ていてとても清々しかったです。
そして松本先生に寄り添って奥さんが用例採集をするシーンで、
思わず涙がこぼれました。
ダメなんですよこう夫婦が寄り添うシーンとかねー…
じわっときちゃってねー…
辞書の校正をやるために編集部にすし詰めの日々を見て、
学生時代の索引製作お手伝いなんかを思い出したりして
(いっそがしい!!みたいなものではなかったですが)、
2時間半近くの作品を、
本当にいろんな気持ちを辿って楽しく見ることができました。

パンフレットも買ってきたのですが、
これがまた実に面白い作りになっていて、
実際映画の中で辞書用に、と用意されたのど同種の紙が、
一部ページに使われていたりとかして、
映画見終わってからもこまかく楽しめて良かったです。


そういや『天地明察』以来の映画鑑賞でしたが、
『天地明察』も『舟を編む』も、
時代こそ違えど膨大な作業を経て、
ひとつの大きなことを成し遂げる、という話でしたねー。
(そんで奥さんはどっちも宮崎あおいさんだった)
無意識のうちに「面白そうー!」と思って見た映画ですが、
つーことはこういう話が好きなんだなあ、と、
ちょっと自覚もしたりなど。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
シリュウ シノブ
性別:
非公開
職業:
足軽(にわか)。
趣味:
読書。音楽(聴くのみ)。等々。
自己紹介:
プロフィール画像は、
かつてのブログペットのけーわくさん。
記念にとっといた回。
しかし台詞はなんじゃこりゃー

どっかにハマるとしばらくそればかり、
ただし若干年相応ではない。
が、本人至って気にせず,
欣ちゃん言うところの
「はじめて聴いた時が新曲!」理論で
マイペースにやっております。
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]