忍者ブログ
星を掴めるのか推察中の田舎者の記。 通りすがりの拍手の方、どうもありがとう ございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そういや初めて見た用心棒シリーズて、
『帰って来た用心棒』だったのですけれども、
「クラシックがー!」「運動会がー!」と流れる曲に度肝抜かれて、
何の話の回を見たのが最初だったのか、
すっかり抜け落ちていたのでございます。
過去日記的にはこの記事。
http://astrolabe.blog.shinobi.jp/Entry/406/

で、今、
今回のシリーズ一挙放送を『帰って来た~』から録画しているのを、
後追いで見ているのですが、
ようやくその話までやって来ました。
「地獄極楽わかれ道」でした。
のっけから「運命」。
そして青木の旦那と千造・十吉は、
テーテテテテ テンテンテケテケ テンテンテケテケテン タララララララ
の運動会によく流れる曲にのせて街道を急いでいました。
うん、何回見ても衝撃。
そして何回見ても運動会の曲名が判らない。

それにしても去年はまだ、
用心棒の旦那も品田さんも田島君も、
どういう人柄で描かれているか判らんままに見てたわけですが、
今見るとあれですね、
随分と田島君は品田さんの扱い方を心得ている気がします。
「好青年」に「ちょっとおちゃめな」という修飾語を付けたくなるくらい、
甘酒屋の辺りのシーンは面白かった。
あと用心棒の旦那が知らぬ間に勘定のあてにされてるのが何とも。
…そ、そういう扱いでも良いのか…!

でも、話自体はいつもの、何ともやるせない終わり方でした。
公家の人も神経が細いばっかりに、とは思うんだけど、
奥方にしてみたら他人よりも家族を優先したいわけなのに、
身分の違いがそうさせない、ていうのがなあ。
本当ならば家族に気持ちを向けて暮らせるだけで幸せなのに。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
シリュウ シノブ
性別:
非公開
職業:
足軽(にわか)。
趣味:
読書。音楽(聴くのみ)。等々。
自己紹介:
プロフィール画像は、
かつてのブログペットのけーわくさん。
記念にとっといた回。
しかし台詞はなんじゃこりゃー

どっかにハマるとしばらくそればかり、
ただし若干年相応ではない。
が、本人至って気にせず,
欣ちゃん言うところの
「はじめて聴いた時が新曲!」理論で
マイペースにやっております。
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]