忍者ブログ
星を掴めるのか推察中の田舎者の記。 通りすがりの拍手の方、どうもありがとう ございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何か既に1ヶ月前くらいの記憶なんですが実は半月前の話で、
お盆に飲み会をした際、
「seba」の郁さんにこの辺の地区でのアマゾン配送について、
ちょっとした情報を頂いたので、
ここ最近アマゾンを「ハマゾン」と呼んでいます。

んでま、本日ようやっと待ちに待った念願のハマゾン荷物がやってきまして。
今月24日の記事で、
「座して待つ」とか言ってんのに留守中に来たのは失敗でしたが、
まあ今となってはそんなことは良いのです。
無事来たから良いのです。

で、中身のうち1枚は早速聴きました。

本田祐也『ニシヘヒガシヘ』
1:CHEERIO
2:欧羅巴(ニシ)へ極東(ヒガシ)へ~チンドンのテーマ
3:SUPER葉牡丹
4:MATATABI CANDY~荒野と行く
5:ロマンチックCIRCUS BAND―落日の夕日―(ほおずき市の映像より)
6:拾弐時過ギタ山手線
7:ストイックボーヤのテーマ
8:団地CIRCUIT
9:前奏曲
10:真珠(パール)beat(組曲「港の日本娘」より)
11:四国の女
12:CHING-DONG SMILE BROTHERS ECCENTRIC HORROR SHOW
13:GO-GO CHING-DONG BAND(ある日の練習風景)
14:エキセントリック・コイガール(組曲「港の日本娘」より)
15:SUPER葉牡丹(アンコール)
16:地下鉄のワルツ
17:Chamber Orchestra in CHING-DONG Colosseum


拙ブログで度々出てくる横浜トリエンナーレ2005にて出会った、
チャンチキトルネエドというグループの、
作曲家である本田祐也氏の作品集。
横トリでは何度かライブもあったらしいんですが、
一回しか足を運ぶことが出来なかったので直接拝見の機会は無し。
ただ、
作品のテーブルに置いてあったポータブルDVDプレーヤーと、
壁に貼ってあったメモ内の「チャンチキトルネエド」という名前が、
印象強く残りまして。
その後読売新聞の夕刊でこの音源について記事が載ってて、
「うーん聴きたいなあ聴きたいなあ」と思って、
早10ヶ月ですよ。
どんだけ間を空けているのだ・・・!

チャンチキトルネエドはチンドン屋のような音楽が元にあるそうで、
でもチンドン屋って学生時代パチンコ屋さんの呼び込みで、
店の表にいるのしか見たことないあっし、
どんなんだろう、と思って再生してみました。
そしたら何かレトロな風合。
音質がラジオぽいてのもひとつあるんだと思いますが。
純粋スタジオ録音、てのじゃなくて、
街の音が入ってたり、
人々の声が入ってたり、
そこに音楽が流れてたり。
その辺にありそうな風景だ!と思って。
でもレトロ。
楽器が管楽器メインだからなんですかね?
その辺は詳しくないからよく判らないんですが、
でもうん。
大好きな感じでした。
それでちょっとドキドキする。懐かしい楽しさ。

初聴きの感じでは2・6・7・10曲目が好きで、
特に6曲めの「拾弐時過ギタ山手線」は、
イントロからとてもとても鷲掴まれたんですが、
それに後から乗ってくるボーカルさんの声も味があって。
かっこ良いなあ、なんてなことを思いました。

あ、あと全体的にセンスがかっこ良いですよ。
2曲目のタイトルを初めて見た時に好きなセンスだなあ、と思ったんですが、
今日荷物開けて吃驚しました。
ジャケットの構造もかっこ良いです。
普通の紙ジャケじゃ無いよ!ちょっと閉じ難いけど!
うむ。これだから文句を言われようとCD買うのはやめられぬー。

ブックレットに本田氏の書いたいろんな言葉が載っているのだけれど、
いちばんドキリ、としたのは、
8曲目の欄の下、最後の行にあった言葉でした。

そんな風に、この人は、音楽に向かい続けて。

そのまま、何処かへ。

何時だって知るのが遅くなる、と思うと、
ちょっと切ない気がしますなあ。
大事に聴こう。大事な音楽。

チャンチキトルネエドのオフィシャルサイト
↑リンクフリーだったので貼らせて頂きました。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
「ハマゾン」
ハマゾン!!イイ!!爆笑してしまった
ナイスネーミングセンス!!
家ではダイレクトに店名で呼ばってたのでオブラートに包む意味でも「ハマゾン」と呼ぶことにするよっ^^
2006/08/31(Thu)20:41:14 編集
(略称)ハマゾン
>郁さん
うおお爆笑ありがどー!(微訛)そしてレス遅れまして申し訳無いです!

まさかそんなにお気に召していただけるとは思いませんでした(笑)
丁度良い具合に音も被ってるし、重ねてやろうと思ったのです。
既に弟との会話で「ハマゾン」多用中、
でも郁さんからの情報頂かねばこの略称にも落ち着きませんでしたからねー。にゃははっ。
紫流忍 2006/09/02(Sat)17:13:47 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
シリュウ シノブ
性別:
非公開
職業:
足軽(にわか)。
趣味:
読書。音楽(聴くのみ)。等々。
自己紹介:
プロフィール画像は、
かつてのブログペットのけーわくさん。
記念にとっといた回。
しかし台詞はなんじゃこりゃー

どっかにハマるとしばらくそればかり、
ただし若干年相応ではない。
が、本人至って気にせず,
欣ちゃん言うところの
「はじめて聴いた時が新曲!」理論で
マイペースにやっております。
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]