忍者ブログ
星を掴めるのか推察中の田舎者の記。 通りすがりの拍手の方、どうもありがとう ございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近芸術の秋体感中てな感じで、
本日も母とともに個展を見に行ってきたですよ。
「砂の創作展」と言いまして、
今度の日曜までが会期。

例によって例の如く以下感想。


あ、ちなみに何故見に行ったのか、てのを説明しますと、
個展を開いていらっしゃる方が、
母のかつての上司なのでございます。
それをニュースで見た母が「行かねば!」と言い、
あっしの仕事に行くのに便乗して、
お出かけしてきたのでした。

そしたらもう作品がすごいんですよー!

絵なんですけどよく見るとなんですよ。
砂が絵の具と混ざってて、
それが絵になったり壺みたくなったり、
はたまた書道作品にもなったりで!
母のかつての上司さん、てことでその辺詳しく教えて頂けました。
アイディアがもうすごいもんなー。
そんで作品も1年間でほぼ全部揃えたとか、て、
「そんなにすんなり作れるもんなのかー!」と吃驚でした。
やはし作者さんの話が直接聞けるのは良いですね。

絵の感じは縄文ぽい感じとでも言うと良いすかねえ。
象形文字みたいな模様もありつつ、
鳥とかのモチーフが多い感じ。
ああ、だから砂が画材の方がしっくりくるのかなあ?
と、書きながらそんなことを思いました。
色目も鮮やかで、
でも何か東北・日本海側、てな感じの青でステキでした。

書道作品も絵と同じ手法で、
よくみるとちゃんと砂でした。遠目で見るとちーとも気付かんのに・・・!
すごく勢いのある堂々とした字で、
「ああそういう字が書けるようになりたいなー。」と思ってきました。
字の上手さはあっしの方が上ですよ、とか言われてしまいましたけども、
そんなことは無くてですね!
てか何であっしが習字をやってることを知ってるんだ!母経由か!
造語の四字熟語なんかもあって、
文化人の香りです。
良いなあ。

砂の作品とはちょっと違ったフクロウの作品も、
キャプションに味があって可愛かったす!
そういうセンスもあるんだなあ、ともうほれぼれとしてしまいました。
モノを作ることの出来る人てすごいなあ、と、
改めて思いました。
『蝉しぐれ』のオープンセットがある敷地内のギャラリーで展示中です。
もう一回行こうかなあ。最終日にでも。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
シリュウ シノブ
性別:
非公開
職業:
足軽(にわか)。
趣味:
読書。音楽(聴くのみ)。等々。
自己紹介:
プロフィール画像は、
かつてのブログペットのけーわくさん。
記念にとっといた回。
しかし台詞はなんじゃこりゃー

どっかにハマるとしばらくそればかり、
ただし若干年相応ではない。
が、本人至って気にせず,
欣ちゃん言うところの
「はじめて聴いた時が新曲!」理論で
マイペースにやっております。
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]