忍者ブログ
星を掴めるのか推察中の田舎者の記。 通りすがりの拍手の方、どうもありがとう ございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々の業務連絡から。
5月12日(月) 00:00 ~ 5月12日(月) 18:00
この時間帯、どうもメンテナンスが行われるようです。
繋がらない場合はそういう理由ですので、
宜しくご了承の程お願い致します。

今日は久々に『天を斬る』を見ました。
昼寝しないで頑張ってみたわけです。
そしたら権田さん(左右田一平さん)の月代が無くなってて、
おおお見慣れた浪人姿!と思わず拳を握ってみたのですが、
気付けば桜井さん(島田順司さん)も浪人姿になってて、
今度はこっちが見慣れないよ!という状況になっているのでした。
ああ吃驚。
いつの間に。
でも牟礼さん(栗塚旭さん)は変わらずどっしり構えてらしてましたねえ。

珍しく良い人側の人がそんな斬られてないなあ、つー話でした。
や、斬られてることは斬られてるんだけど、
斬られるシーンは最後の回想部分のみだったので、
そういう点では良かったなー、と見てた話です。
その回想に次いである、
従者のおじいさんと、
じっと傍で話を聞いていた旅籠の娘さんのシーンは切なかったなあ。
まるきり良い話、で終わったりはせんですね。
悲しく終わる話はとことん悲しいし、
そうじゃなくても何処か悲しさを残す感じ。

牟礼さんが敵に「何者だ!」と聞かれて、
「決まりきったことを言うな」と返すあたり、
大変大好きです。かっこ良い。
あと付き添い3人衆もかなり良い味出してて好きです。
浦島太郎こと百太郎(西田良さん)と、
万五郎(小田部通麿さん)は口調はやや荒いけど親切で、
孫兵ヱ(香月凉二さん)は一応役人だけどちょとヘタレ…?
みたいな感じ。
この3人がいると随分殺伐具合が緩まりますなあ。
万五郎が特に好きかも知れません。
ちょっとガラ悪い?て感じなのに和歌も詠めるとか何だそれ!ときめくぞ!

…相変らず感想文が感想文にならないな…駄目すぎる。
そういや権田さんの立ち回りが見られんかったのでちょっとションボリです。
牟礼さん桜井さんは刀で立ち回るのに、
権田さんだけ体術、てのは面白いなあ、と思って見るので…!


そういや時代劇専門チャンネル、今年度から「あっぱれ!みなさま」
という体操を始めたのですが、
途中の「斬る!」つー掛け声が栗塚さんだったぜ…!
いや、薄々、そうじゃないかとは思ったけど…
『天を斬る』の主題歌でも「斬る」て言ってるし…

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
人ってなに?
人ってなに?
BlogPetの李螢惑 URL 2008/05/11(Sun)09:59:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
シリュウ シノブ
性別:
非公開
職業:
足軽(にわか)。
趣味:
読書。音楽(聴くのみ)。等々。
自己紹介:
プロフィール画像は、
かつてのブログペットのけーわくさん。
記念にとっといた回。
しかし台詞はなんじゃこりゃー

どっかにハマるとしばらくそればかり、
ただし若干年相応ではない。
が、本人至って気にせず,
欣ちゃん言うところの
「はじめて聴いた時が新曲!」理論で
マイペースにやっております。
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]