忍者ブログ
星を掴めるのか推察中の田舎者の記。 通りすがりの拍手の方、どうもありがとう ございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気付けば1週間…!

この放置週間、何故放置していたかというと日曜火曜が頭痛大会だったです。
雪の夜道の運転に、
夜9時以降延々とネットしていることと、
何か知らんがバランス的に眠れん1週間が全部重なって肩こり、そして頭痛。
そんなコンボでした。
おかげで昨日は弟さんにAmazonの注文をお願い申しました…
注文するとネットに触れる、で長引く、で頭痛、つーのが目に見えます。
ちょっとは学習してます。
とりあえずこれで月末には植木等さんの本が届くよー。
あとがきの1枚の写真で「これ買えるつーか買うー!」と意気込んだ本です。
楽しみだ。


そんな前フリですが今日はCDの感想です。

木村ひさし『東京の空』
1:ハロー
2:約束の日
3:slow
4:よいこ
5:東京の空
6:東京サンセット 100歳の恋人
7:とどけ
8:君のつづき
9:アディオス
10:NASA


感想は追記部分にて。


木村さんは昨年秋のソロシングルに続いてのアルバムリリースです。
帯に「Clingon活動休止から2年」て書いてあって、
「あれあと2年…!?」と吃驚して数えてしまいました。確かに2年でした。
いつも普通に「今日はClingonだー」と車にCD持ち込んでたので、
何か実は、あまり休止つーのも実感が無いのかも知れないです。
いや確かに当時はどデカい事実として衝撃を受けたのは確かなんだけれど、
木村丸尾両氏のブログは普通に動いてるしCD聴いてるしで…ねえ…

で、木村さんのソロ。
Clingonの曲は木村さんが作ったちゅーのが多いし、
歌ってるのも木村さんが多いし、てのはあるんだけど、
それでもClingonの曲とソロの曲だとちょっと違いを感じます。
上手いこと説明できる違いではないけど、
何か違う。
歌詞かなー、とも思うし、音かなー、とも思うんだけれど、
その思うことを離れて聴けばきちんと木村さんの曲で、
好きだなあ、と感じる曲。

とりあえず最初に3曲目の「slow」で吹きました。
曲頭のカウントが「ワン、ツー、ワンツースリー」じゃねえー!
その時点でときめいた「slow」がそのままいちばん好きな曲です。今現在。
あと6曲目「東京サンセット 100歳の恋人」も好き。
木村さんの詞てば、
好き、てことを示す例えが豊富で面白いなー、
と思って聴いてることが多々あって、
この曲がアルバムの中ではいちばんその観点で聴いてる曲です。

5曲目「東京の空」は、
かつてライブでwanicoffの演奏を一度聴いてるんですが、
それから1年10ヶ月、
記憶はあてにならんですね。
「こ、こういう曲なんだっけ…!」とドキドキしました。
歌詞は出だしが既にインパクトがあるので覚えてたんだけれど、
そうか…こんな軽快だったんだなあ…

9曲目の「アディオス」はじわじわ来ました。
覚えやすいメロディなんですかねえ。
気付くと頭の中で繰り返し鳴ってる歌ってる、みたいな感じです。

今現在はこの辺りの曲を中心に聴いてる感じです。
相変らず感想文が下手なのですが、
でもとにかく好きだー。木村さんの声もやっぱり惚れ惚れします。
ライブも行きたいなあ。
それこそその、上記のwanicoff以来木村さんを拝見していないので、何とか。

そういや2曲目「約束の日」なんですが、
ソロになって言葉が少しストレートになったちゅーのも相俟って、
聴いてて何か照れます。
何かねー…何でかねー…

あとあとジャケ。
ジャケはシングル『ハロー』と対になってる感じでトキメキです。
『ハロー』は昼の青空、『東京の空』は夕暮れの淡いグラデーション。
これ並べて置いたら良いだろうなあ。
ディスクも街がシルエットになって白黒バチンと決まっててステキなのです。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
シリュウ シノブ
性別:
非公開
職業:
足軽(にわか)。
趣味:
読書。音楽(聴くのみ)。等々。
自己紹介:
プロフィール画像は、
かつてのブログペットのけーわくさん。
記念にとっといた回。
しかし台詞はなんじゃこりゃー

どっかにハマるとしばらくそればかり、
ただし若干年相応ではない。
が、本人至って気にせず,
欣ちゃん言うところの
「はじめて聴いた時が新曲!」理論で
マイペースにやっております。
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]